中村 将人(なかむら まさと)

1971年静岡生まれ。大学卒業後、某上場企業に就職し28歳で最年少の本社営業部長となり、30歳で独立。上場準備段階まで会社を急成長させるも景気悪化で負債4億円を抱える。人はお金で命を落とすことを学んだ経験から起業家支援を開始。0円で店舗を開業させるコンサルタントとして年間500件以上の相談に対応。「お金の学校」を主宰し人生を豊かに過ごすためのお金の知識を広めている。現在、一般社団法人日本IFP協会金融教育理事、ファイナンシャルマネージメントスクールFMS校長、NPO法人日本教育福祉振興支援協会JEWPA理事長など。
著書に『人生を「貧しくしない」ために!今スグやっておく25のリスト』(すばる舎)、『今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?』(経済界)がある。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。