チャールズ・ウィーラン(ちゃーるず・うぃーらん)

「エコノミスト」誌のアメリカ中西部担当記者現職の他に、ノースウェスタン大学の非常勤講師とシカゴのパブリック・ラジオWBEZ局の経済問題担当記者も務める。<訳 者>青木 榮一翻訳家東京教育大学文学部卒。新聞記者を経て東京水産大学と共立女子大学の教授を歴任した後、平成13年に定年退職し、現在に至る。 <主な訳書>『モルガン家』(R.チャーナウ 著、日本経済新聞社)など多数

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。