宮里 優(みやざと まさる)

ゴルフ・ティーチングプロ。1946年沖縄県生まれ。県職員、東村教育委員会などに勤務。29歳でゴルフを始め、持ち前の負けん気で猛特訓の日々を送る。43歳で、ティーチングプロとなり、名護市の大北ゴルフ練習場で指導にあたる。長男・聖志氏、次男・優作氏は、共に日本を代表するプロゴルファー。長女・藍さんは、史上最年少の女子高生プロゴルファーになった。 <主な著書>『沖縄発ゴルフ世界流』

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。