水谷 八重子(みずたに やえこ)

1905年東京神楽坂生まれ。芸術座で、新劇の子役として出発、のち新派に加わる。花柳章太郎亡きあと新派を支え、演劇界を代表する女優の1人となった。1979年逝去。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。