前田 博(まえだ ひろし)

三井安田法律事務所パートナー。1979年東京大学法学部卒業。1981年弁護士登録。1986年コーネル大学ロースクール法学修士。1995年から1996年まで通商産業省(現経済産業省)「産業構造委員会(経済協力部会)」、1999年より総理府「民間資金等活用推進委員会」ほかの委員、特別委員。現在に至る。 <主な著書>「弁護士の見た日本型合意形成の限界で」(『カオスの時代の合意学』、創文社、1994年)
「Securitization of Auto Loans in Japan」(共著、Internatoionl Asset Securitization, London, Lloyds of London Press Ltd.、1995年)、「プロジェクト・ファイナンスと銀行業務」(『金融の情報通信革命』、東洋経済新報社、1996年)、『日本版PFIガイドブック』(共著、日刊工業新聞社、1999年)、「企業はルール化を望むのか――市場経済における弁護士の役割」(『体制改革としての司法改革』、信山社、2001年)、『早わかり 商法改正・実務のすべて』(編、日本経済新聞社、2002年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。"