電通総研(でんつうそうけん)

1987年(株)電通により設立されたシンクタンク。人間の価値観・行動の分析をベースに、情報化、国際化が進む中での日本の進路について、調査研究に取り組んでいる。 <主な著書>『What is Japan』(PHP研究所、1990年)、『「生活大国」宣言』(日本経済新聞社、1990年)、『文化のパトロネージ』(洋泉社、1991年)、『企業の社会貢献』(日本経済新聞社、1991年)、『21世紀のグランドデザイン』(思文閣出版、1992年)、『情報メディア白書』(電通総研、1994年から毎年)等

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。