譚 ろ美(たん ろみ)

本籍中国広東省高明県。東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、慶應義塾大学講師、中国広東省中山大学講師を経て、著述活動に入る。現在ニューヨーク在住。米銀勤務の日本人の夫と娘、猫一匹と暮らす。中国内外に広い人脈をもち、主として日本、アメリカ、中国の歴史的関係について執筆。 <主な著書>『柴玲の見た夢』(講談社)、『それでも地球は回る』(文藝春秋)、『「天安門」十年の夢』(新潮社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。