多和田 葉子(たわだ ようこ)

1960年東京生まれ。早稲田大学卒業後、ドイツに移住。1991年「かかとを失くして」で群像新人文学賞、1993年「犬婿入り」で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞、2002年『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞。他の作品に『海に落とした名前』、『アメリカ 非道の大陸』、詩集『傘の死体とわたしの妻』など多数。ベルリン在住。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。