伊達 宗行(だて むねゆき)

"大阪大学名誉教授。1929年仙台生まれ。1952年東北大学理学部卒業。1955年東北大学理学研究科物理専攻中退。理学博士。物性物理学が専門。大阪大学理学部長、日本原子力研究所先端基礎研究センター長、日本物理学会会長、日本学術会議会員、同第4部長などを歴任。物性科学、特に磁性、極低温、強磁場研究で国際的に著名。松永賞(1971)、仁科記念賞(1980)、日本金属学会論文賞(1985)、藤原賞(1991)、紫綬褒章(1991)、勲二等瑞宝章(2000)を受賞。 <主な著書>『新しい物性物理』(講談社)、『極限科学 強磁場の世界』(丸善)、『大学院物性物理学1~3』(監修、講談社)などがある。


※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。"