隆 慶一郎(りゅう けいいちろう)

小説家(時代小説作家)・脚本家。1923年、東京市赤坂区生まれ。本名・池田一朗。旧制同志社中学、第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。本名で脚本、隆慶一郎で小説を執筆していた。代表作に『吉原御免状』『影武者徳川家康』『一夢庵風流記』『捨て童子・松平忠輝』など。1989年逝去。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。