高橋 昌男(たかはし まさお)

1935年東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒。博報堂、コスモ・ピーアール勤務を経て創作活動に入る。1985年から1987年にかけて季刊「三田文学」初代編集長。1997年文芸随想集『独楽の回転』で第25回平林たい子文学賞を受賞。 <主な著書>『町の秋』、『音無川絵図』、『巷塵』、『夏至』、『饗宴』、『ネオンとこおろぎ』など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。