松本 肇(まつもと はじめ)

1946年、福島県生まれ。東京教育大学大学院博士課程で中国古典文学を学ぶ。函館大学講師・筑波大学大学院教授を経て退職。 <主な著書>『柳宗元研究』、『唐宋の文学』、『春秋戦国の処世術』、『唐代文学の視点』がある。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。