サントリー次世代研究所(さんとりーじせだいけんきゅうじょ)

2005年3月開設。子どもたちの未来こそが日本の未来であり、若者たちの夢をサポートする社会が必要であるとの認識にたち、子どもと若者、子どもを育む家庭、そして次世代をとりまく社会について調査・研究を進めている。所長はサントリー株式会社常務取締役 筑紫勝麿。前身は1989年にサントリー創業90周年事業の一環として設立されたサントリー不易流行研究所。 <主な出版物>『時代の気分・世代の気分』(NHKブックス)、『ロストプロセス・ジェネレーション』(神戸新聞総合出版センター)、『大人にならずに成熟する法』(中央公論新社)など。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。