佐藤 愛子(さとう あいこ)

1923年大阪市生まれ。甲南高等女学校卒業。作家。 <主な著書>『戦いすんで日が暮れて』、『ソクラテスの妻』、『幸福の絵』、『血脈』など著作多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。