櫻田 淳(さくらだ じゅん)

1965年宮城県生まれ。1981年青森県立八戸第一養護学校中学部を卒業。出生時以来の脳性小児麻痺で身体障害者手帳2級と認定されるが、1991年に北海道大学法学部を卒業後、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程(国際政治)を修了。現在、衆議院議員の政策担当公設秘書を務める。1993年に「重度障害者が感じる「福祉」の牢獄」(雑誌「中央公論」)を発表、以降政治、防衛などにわたって精力的な執筆活動をしている。1995年に「第1回読売論壇新人賞」の最優秀賞を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。