坂上 学(さかがみ まなぶ)

1994年早稲田大学大学院商学研究科博士課程退学。大阪市立大学商学部助手、同講師を経て、1997年大阪市立大学商学部助教授。1999年アメリカ・イリノイ大学客員研究員、2000年オーストラリア・アデレード大学客員研究員、2001年4月より大阪市立大学大学院経営学研究科助教授。修士(商学)(早稲田大学) <主な論文>「インターネット・ディスクロージャーの利用」『現代ディスクロージャー論』第21章所収、中央経済社、1999“Japanese Accounting Profession in Transition,”Accounting,Auditing and Accountability Journal,Vol.12 No.3,1999,pp.340-357.(共著)他多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。