斎藤 貴男(さいとう たかお)

ジャーナリスト。1958年生まれ。早稲田大学商学部卒、英国バーミンガム大学大学院修了(国際学MA)、日本工業新聞記者、プレジデント編集部、「週刊文春」記者などを経て独立。人間の自由や尊厳を中心に据えながら、独自のテーマで現代社会を論じている。 <主な著書>『機会不平等』、『カルト資本主義』、『精神の瓦礫』、『プライバシークライシス』、『梶原一騎伝』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。