岩田 専太郎(いわた せんたろう)

挿絵画家。1901年東京浅草生まれ。10代の終わりから『講談雑誌』の挿絵を描きはじめる。吉川英治「鳴門秘帖」、川口松太郎「蛇姫様」の挿絵が有名。現代風俗にも優れ、表紙美人画を数多く描く。昭和時代の挿絵の第一人者。74年逝去。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。