黒川 康正(くろかわ やすまさ)

1950年生まれ。74年東京大学経済学部卒業後、米国に本部がある世界最大の会計事務所に入所。75年に通訳試験、77年公認会計士3次試験、80年に司法試験に合格。現在、弁護士、公認会計士、通訳のわが国唯一の資格三冠王として、国内だけでなく国際的な法律、税務、経営指導などの分野で活躍。黒川国際法律会計事務所所長として多忙をきわめるなか、多数の著書執筆、講演、新聞や雑誌の連載、テレビ出演も精力的にこなす。 <主な著書>『資格三冠王』(実業之日本社、1982年)、『仕事術』(ごま書房、1986年)、『独学術』(ごま書房、1986年)、『整理術』(ごま書房、1986年)、『読書術』(ごま書房、1987年)、『黒川式・朝の使い方、これがベスト』(大和出版、1989年)、『英和・アメリカ法律用語辞典』(PMC出版、1990年)、『仕事の数字に強くなる本』(三笠書房、1991年)、『頭にやさしい相続の本』(同文書院、1992年)、『黒川康正の絶対受かる試験術』(実業之日本社、1997年)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。