山岸 一平(やまぎし いっぺい)

1937(昭和12)年、埼玉県北川辺町に生まれる。栃木高校を経て1960年、中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社入社。23年間政治記者、政治部長、取締役西部支社代表、常務人事局長、同大阪本社代表、専務取締役を経て、1998(平成10)年、日経メディアマーケティング社長。現在、日経メディアマーケティング顧問、日本経済新聞客員、公安審査委員会委員(07年12月まで)。 <主な著書>『死なば死ね、殺さば殺せ――田中正造のもう一つの戦い』(講談社)、『去華就実――聞き書き大平正芳』(共著、大平正芳記念財団)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。