岩渕 功一(いわぶち こういち)

早稲田大学国際教養学部教授。専門はメディア・文化研究。ウェスタン・シドニー大学(オーストラリア)Ph.D.。博士論文はオーストラリア・アジア研究学会最優秀博士論文賞を受賞。 <主な編著書>『トランスナショナル・ジャパン』(単著、岩波書店)、Recentering Globalization: Popular culture and Japanese transnationalism(単著、Duke University Press)、『グローバル・プリズム』(編著、平凡社)、『超える文化、交錯する境界』(編著、山川出版)、『沖縄に立ちすくむ』(共編著、せりか書房)、East Asian Pop Culture: Analyzing the Korean Wave(共編著、Hong Kong University Press)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。