井上 敬勝(いのうえ よしかつ)

1925年東京・渋谷区生まれ。日本大学医学部卒業後、親代々の病院を継ぐ。25年ほど前の香港・台湾食べ歩き旅行がきっかけで暇を見付けては中国料理について調べてきたが、1984年に病気で、それまで27年間続けた医師会の仕事を辞めてから、自認する「食いしん坊」が「病膏盲に入る」ことになってしまった。年に何回か行く台湾、香港、そして中国でこつこつと本場の店のメニューを集めてきては、言葉の意味を調べ、ワープロに打ち込んできた。本書はその集大成である。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。