稲田 献一(いなだ けんいち)

1924年群馬県に生まれる。1947年東京大学理学部数学科卒業、東京都立大学教授を経て、1988年まで大阪大学教授。現在、大阪大学名誉教授。1960年―1962年スタンフォード大学研究員。 <主な著書>『リニアー・プログラミングの理論と応用』(ダイヤモンド社)、『現代経済理論のための数学入門』(岡本哲治共著 日本評論社)、『現代経済分析』(弘文堂)、『新しい経済学』(日本経済新聞社)、『経済学の散歩道』(日本経済新聞社)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。