石川 文洋(いしかわ ぶんよう)

1938年3月10日沖縄県那覇市首里生まれ。1964年4月沖縄から船で世界一周無銭旅行に出発。香港到着後、ファーカス・スタジオに勤務。8月ドイツ第2テレビでのトンキン湾事件報道のため、南ベトナムの首都・サイゴンを取材。1965年~1968年まで、サイゴンに移住し、フリーランスの戦場カメラマンとしてベトナム戦争を取材。1969年から1984年朝日新聞社出版局出版写真部勤務。1984年朝日新聞社を退社、フリーランスのカメラマンとして活動を始める。日本写真協会年度賞、日本雑誌写真記者協会賞、日本ジャーナリスト会議特別賞、市川市・市民文化賞――スウェーデン賞。 <主な著書>『戦争はなぜ起こるのか』、『写真は心で撮ろう』、『沖縄・わが故郷』、『ベトナムロード』、『シャッターチャンスはいちどだけ』、『石川文洋のカメラ人生』、『報道カメラマン』、『戦場カメラマン』など多数。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。