E&Cプロジェクト(いーあんどしーぷろじぇくと)

共用品・共用サービスの普及によるバリアフリー社会の実現を目的に、1991年3月に発足した任意団体。現在、メンバーは、大手メーカー、流通・サービス企業のビジネスマン、教育・福祉機関、中央省庁、自治体職員、ジャーナリストら約200人。日本点字図書館野路菊賞、日本映像フェスタ97映像委員長賞(ビデオ)など褒賞多数。 <主な著書>『「バリアフリー」の商品開発』(日本経済新聞社、94.11.)、『バリアフリーの商品開発・2』(日本経済新聞社、96.10.)、『朝子さんの一日』(小学館、93.10.)、『「音」を見たことありますか?』(小学館、96.11.)、『バリアフリーの生活カタログ』(小学館、97.10.)

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。