山田 唯人(やまだ ゆいと)

マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー
大学在学中に米国公認会計士を取得。慶應義塾大学経済学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京支社に入社。ロンドン支社を経て、現在サステナビリティ研究グループのアジア・リーダーを務める。主に資源分野(食 糧・農業・水・ケミカル分野)の課題に取り組む。日本の農産物の生産性向 上・環境技術の新興国参入戦略や、公的セクター、経済成長と Green Growth の両立を目指す特区の設計などをアジアで行う。2011年世界経済フォーラム (ダボス会議)のグローバル・シェーパーズに選出され、2013年1月ならびに 2020年1月にスイス・ダボス会議に出席。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。