川西 剛史(かわにし たけし)

マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイトパートナー 農業博士。
大学院時代は、東京大学において、植物の病気の診断や、病原菌の生態、病気の発生メカニズム等を専門に研究。マッキンゼー・アンド・カンパニー入社前は、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会において、食品汚染や森林汚染等を調査。マッキンゼー入社後は、製造業、素材系、金融業等、幅 広い分野を経験。最近では、農業・化学業界において、戦略立案および現場に おける実行支援、企業の変革における組織設計・人材育成に従事。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。