武部 貴則(たけべ たかのり)

横浜市立大学 先端医科学研究センター コミュニケーション・デザイン・センター長/特別教授
東京医科歯科大学教授
シンシナティ小児病院オルガノイドセンター副センター長
1986年生まれ。横浜市立大学医学部卒。
2013年にiPS細胞から血管構造を持つヒト肝臓原基(ミニ肝臓)を作り出すことに世界で初めて成功。ミニ肝臓の大量製造にも成功。デザインやクリエイティブな手法を取り入れ、医療のアップデートを促す「ストリート・メディカル」という考え方の普及にも力を入れている。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。