アビジット・V・バナジー(あびじっと・V・ばなじー)

MITフォード財団国際記念教授(経済学)
コルカタ大学、ジャワハラール・ネルー大学卒。1988年にハーバード大学にてPhD取得。2009年インフォシス賞受賞。2011年フォーリン・ポリシー誌が選ぶ世界の思想家100人に選出される。2012年、国連の「ポスト2015年開発アジェンダ」の委員に任命される。専門は開発経済学と経済理論。『貧乏人の経済学』でジェラルド・ローブ賞、ゴールドマン・サックスとFTが選ぶブック・オブ・ザ・イヤーを受賞。2019年、ノーベル経済学賞を受賞。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。