アンドレ・アンドニアン(あんどれ・あんどにあん)

マッキンゼー日本支社長
マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー
主に自動車、組立産業、先端エレクトロニクス、半導体、航空宇宙および防衛 関連分野において、およそ30年にわたり、戦略やオペレーション、組織に関するコンサルティングを世界中の企業に提供。マッキンゼーにおける最高意思決定機関である株主審議会のメンバーを長期にわたって務めるなど、グローバルで多くのチームを指揮している。ウィーン大学大学院修士課程修了(経済・経営科学)、ペンシルベニア大学ウォートン校大学院修士課程修了(経営学)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。