山路 直人(やまじ なおと)

福井県立大学経済学部教授
1993年神戸大学経営学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(経営学)。関東学園大学経済学部助教授を経て現職。主な著者、(単著)『企業革新の研究』白桃書房(2014)、(分担執筆)「成長と衰退」『現代経営行動論』白桃書房(2007)、(共著)『組織能力を活かす経営』中央経済社(2004)。

※本データは、小社での最新刊発行当時に掲載されていたものです。