日経小説大賞授賞式 一般公開のお知らせ(終了)

第12回日経小説大賞 授賞式
2021年2月17日(水) 会場:日経ホール

第12回日経小説大賞(日本経済新聞社・日本経済新聞出版社共催)の授賞式・座談会を、2月17日午後6時から、東京都千代田区の日経ホールで開催します。

授賞式・座談会は日経電子版でライブ配信しますとともに、定員を例年の半分に減らして一般公開いたします。事前申し込みによりどなたにもご参加いただけますが、新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを考慮し、検温、マスク着用、座席の前後左右の距離の徹底など、来場にあたって協力をお願いしますので、ご了解のうえお申込みください。

また、今後のコロナ禍の影響により開催方法に変更が生じることもあります。来場前にホームページ(https://events.nikkei.co.jp/34436/)をご確認ください。

日経小説大賞は日本経済新聞130周年を記念し2006年に創設。現代小説、時代小説などのジャンルを問わず、豊かな物語性、時代性、社会性、娯楽性を兼ね備えた小説を公募する文学賞です。今回は「利生の人 尊氏と正成」で天津佳之氏が受賞しました。

第1部は贈賞式。第2部は辻原登、髙樹のぶ子、伊集院静の選考委員3氏に、受賞者の天津氏をまじえた座談会を行います。今回の選考を振り返り、受賞作についての評価をいただくとともに、小説の現状と課題などについても議論していただきます。

会場では受賞作『利生の人 尊氏と正成』と第11回までの受賞作、受賞作家のその後の作品など書籍も販売いたします。

開催概要

◆日時:2021年2月17日(水) 午後6時(開場:午後5時半)

◆会場:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)

◆定員:300名

◆参加費:無料・事前申し込み制

 HP(https://events.nikkei.co.jp/34436/)からお申し込みください。

**********************************

選考委員略歴

辻原登(つじはら・のぼる)
1945年和歌山県生まれ。85年「犬かけて」で作家デビュー。90年「村の名前」で芥川賞、99年『翔べ麒麟』で読売文学賞、2000年『遊動亭円木』で谷崎潤一郎賞、05年「枯葉の中の青い炎」で川端康成文学賞、06年『花はさくら木』で大佛次郎賞、10年『許されざる者』で毎日芸術賞、11年『闇の奥』で芸術選奨、12年『韃靼の馬』で司馬遼太郎賞、13年『冬の旅』で伊藤整文学賞を受賞。ほかに『不意撃ち』『籠の鸚鵡』『卍どもえ』など、著作は多数。

髙樹のぶ子(たかぎ・のぶこ)
1946年山口県生まれ。80年「その細き道」で作家デビュー。84年「光抱く友よ」で芥川賞、94年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、95年『水脈』で女流文学賞、99年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨、10年「トモスイ」で川端康成文学賞を受賞。ほかに『甘苦上海』『格闘』『明日香さんの霊異記』など、著作は多数。日本経済新聞夕刊に連載され、昨年5月に単行本化された『小説伊勢物語 業平』が泉鏡花文学賞と毎日芸術賞を受賞。

伊集院静(いじゅういん・しずか)
1950年山口県生まれ。81年「皐月」で作家デビュー。91年『乳房』で吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で直木賞、94年『機関車先生』で柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で吉川英治文学賞、14年『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』で司馬遼太郎賞を受賞。ほかに『いねむり先生』『琥珀の夢 小説鳥井信治郎』『いとまの雪 新説忠臣蔵・ひとりの家老の生涯』、エッセイ「大人の流儀」シリーズなど、著作は多数。現在、日本経済新聞朝刊で「ミチクサ先生」を連載中。

**********************************

受賞者略歴

天津佳之(あまつ・よしゆき)
1979年静岡県伊東市出身、大正大学文学部卒業。書店員、編集プロダクションのライターを経て、現在は業界新聞記者。大阪府茨木市在住。

<受賞作>
『利生の人 尊氏と正成』
2月22日発売予定、定価(本体1600円+税)

<作品の概要>
時は鎌倉末期。討幕の陰謀が発覚したことで後醍醐天皇は一時隠岐に流されるが、北条得宗の悪政への不満から、治世の主体を幕府から朝廷に取り返すという近臣たちの討幕運動は各地の勢力と結びつき、やがて幕府内にも広がる。
幕府の重職にあった足利高氏(尊氏)が、帝方の楠木正成に呼応するように寝返ったことで、ついに鎌倉幕府は滅亡。後醍醐帝が京に戻り、建武の新政がはじまるなか、帝と正成と高氏は同じ「利生」の志を持った禅宗の同門であることがわかる。「民がおのおのの本分を為し、生きる甲斐のある世にする」。
しかし、私利私欲がうごめく政治の腐敗は、治世者が代われど止めようがなく、尊氏と正成の運命は引き裂かれていく。

**********************************

--------------------------
第13回日経小説大賞は4月1日から応募受付を開始します。
--------------------------
選考委員:辻原登・髙樹のぶ子・伊集院静・角田光代

応募要項:
◇応募資格
日本語による自作未発表作品。新人に限らない。二重投稿は失格(他の文学賞で公表された最終候補作も応募不可)。

◇枚数・応募方法
400字詰め原稿用紙300枚から400枚程度。1200字以内の内容要約文と題名、枚数、氏名(筆名の場合は本名も)、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、現職、略歴を明記した別紙を必ず添付してください。ワープロ原稿の場合、A4判用紙に縦書きで印刷し400字詰め換算の枚数を明記のこと、両面印刷は応募不可。原稿用紙もしくは印刷用紙での郵送に限ります。

◇応募受付・締切
2021年4月1日受付、6月30日締切(当日消印有効)

◇宛先
〒134-0086 東京都江戸川区臨海町5-2-2 日経BP読者サービスセンター「日経小説大賞」係。同センターでは本賞に関する問い合わせには応じられません。

◇発表
2021年12月の日本経済新聞朝刊。同年10月に最終候補作を発表します。

◇注意事項
応募作品は返却しません。選考に関する問い合わせには応じられません。受賞作の出版権、映像化権などの二次的権利はすべて日本経済新聞社と日経BPに帰属します。

関連記事

もっと見る

now loading